MENU

クレジットカードの決め手は還元率の高さ

クレジットカード,ポイント,還元率

財布の中にキャッシュがなくても、クレジットカードがあれば決済ができますので、とても便利です。

 

クレジットカードを持っていることは珍しいことではなくなっており、中には2枚も3枚も持つ人もいます。

 

従来は、高額なショッピングを行うデパートや家電量販店などで利用されるケースがほとんどでした。
しかし、近年では、日用品の買い物や、コンビニでのショッピングでも、クレジットカードが使われています。

 

クレジットカードの普及によって、普段の生活においてこまめに現金を引き出しておくことが不要になるという手軽さが魅力となっています。

 

  • 利用額に応じたポイントを貯める

クレジットカードは、利用金額に応じたポイントを貯めておくことで、お得なサービスが利用できます。
クレジットカードを使って買い物をすると、決済金額のおおよそ0.5%程度のポイントが入るという仕組みになっています。

 

還元率が1%~2%もあるようなクレジットカードもあって、大勢の人が好んで利用する傾向にあります。
こうした高い還元率のクレジットカードは年会費が有料となるものが多くありますので、
利用する額によってはメリットが無くなってしまいます。

 

年会費が必要なクレジットカードの中には、利用額に応じて年会費が無料になるものもあります。
還元率だけ見ると倍以上の差があり、
クレジットカードを利用する機会が多い人は、年会費を支払っても大きな還元があることになります。

 

自分が1年でクレジットカードを使う金額はどのくらいの金額なのかで、年会費を支払ったほうがお得かどうかがわかります。


クレジットカードの還元率は比較すべき重要なポイント

クレジットカードは現金の持ち合わせが無くてもショッピングが出来る大変便利なものです。

 

買い物に便利なだけでなく、クレジットカードはポイント付帯サービスのついているものが多く、
非常にお得な買い物ができます。

 

最近は、商品を購入する時にクレジットカード決済ができるだけでなく、
光熱費や、家賃の支払いにもクレジットカード払いが対応しています。
保険料や住んでいる場所によっては自治体に支払う税金もクレジットカード払いが出来ることもあるようです。

 

還元率と年会費

手軽さの他にも大きなメリットがあり、その1つが利用金額に応じたポイントの付与です。
クレジットカードは、利用額に応じたポイントが蓄積する仕組みがあります。

 

中には還元率1%のポイントサービスもあります。
高い還元率になるほど、非常にお得になりますが、1.5%以上のクレジットカードでは、年会費が必要になるケースが多いようです。

 

ポイント還元率1%で年会費無料のクレジットカードと、還元率1.5%で年会費が15,000円のカードのどちらがお得かは使う人次第です。
両者の条件を確認してみると、還元率で年会費ぶんの差を取り戻すには、一年で30万円以上のカード決済が条件になります。

 

ショッピングや家庭の固定費の支払を年間いくらになるのか計算してみて、
30万円以上になるかどうかが比較のポイントです。

 

年間のクレジットカードの利用額が30万円以上になるのであれば、
1.5%の還元率のクレジットカードの方にメリットがあります。ク

 

レジットカードを選ぶ時には、カードの利用上限額を考慮に入れた上で、いくらくらいのカード決済をするかを考えることです。

クレジットカードのポイントによる還元率について

多くのクレジットカードは、カードの決済額によってポイントが入る仕組みになっています。

 

ポイント特典サービスがついている場合、クレジットカードのポイント付与率は0.5%程度です。
10万円分のクレジットカードを利用した場合には、500円分のポイントが還元されることになります。

 

還元率の高いクレジットカードを使えば、ポイントがたくさん入るわけですから、還元率は無視できない要素です。

 

この頃は、クレジットカードのポイント還元率が1%より多いという、とてもお得なカードも登場しています。
還元率0.5%と、還元率1%以上との差は大きいですから、注目する人がたくさんいることもわかります。

 

還元率とサービスのよさでクレジットカードを選ぶ

クレジットカードでの決済額が多くなれば、還元率が高いほうが、より多くのポイントがもらえます。
クレジットカードを選ぶ時は、ポイント還元率が高いカードにしたほうがポイントの貯まり具合がよいですから、重視したいものです。

 

仮に還元率が1.5%のカードで年間100万円利用するとすると、15000円分のポイントがバックされることになり、大変お得です。

 

同じクレジットカードでも、還元率の低いカードと、還元率の高いカードはサービス内容に大きな差があります。
同じポイントサービスでも、還元率に差があれば、サービスの使い勝手は違いますので、カード選びの際はよく検討しましょう。

 

クレジットカードの利用条件は様々な要素がありますが、その中でもポイント還元率が何%なのかは、カード選びの鍵を握ります。

[クレジットカードの上手な使い方]関連情報

このページの先頭へ